パラオ移住はデメリットだらけ?パラオへ移住して永住権が欲しい!物価や仕事は?北欧は永住権とれるの?求人やパラオの子連れあれこれ!


 

パラオ移住のデメリットは、

思ったほど日本より生活費が下がらないことです。

 

 

パラオに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

 

パラオは歴史的に日本の統治下にあったことがあり、

日本語が公用語の州もあるほど親日的な国です。

 

 

世界遺産になる程の美しい自然をもち、

多くの観光客を惹きつけてやまないパラオ。

 

 

パラオ移住にデメリットはあるのか。

 

永住権をとって暮らしたい。

 

 

物価や仕事、求人や

パラオの子連れのあれこれを紹介します。

 

 

 

パラオ移住はデメリットだらけなの?パラオへ移住して永住権がとれるのか?

 

世界で3番目に人口が少ないパラオ。

 

第一次世界大戦後は日本の統治下にあっため、

多くの日本人が移住し、現在も日本語を

公用語としている州が存在します。

 

とても親日的で自然豊かで、

ダイビングスポットがたくさんあるので、

日本人観光客の人気が高い国です。

 

 

観光客だけでなく

海外からの移住者も多いパラオ共和国ですが、

残念ながら永住権は存在しません。

 

 

観光客が多いことからパラオの物価は高く、

外国人が借りられるアパートは月800us$前後と

日本とそれほど変わらない金額です。

 

子連れでの移住となると、

月1,000$us$を超える家賃もざらです。

 

この物価の高さが、移住に際して

最大のデメリットとなるでしょう。

 

 

しかし、パラオにある世界遺産の美しい自然は、

やはり何物にも代えがたいものがあります。

 

デメリットを踏まえた上で、

それでも移住したいというあなたに向けて、

ここからは各種ビザについてご紹介します。

 

 

先に紹介したように、

パラオには永住権が存在しません。

 

そのため、パラオ移住を目的とするなら、

以下の方法をとる必要があります。

 

 

1.90日以内の滞在

 

パラオは30日以内の観光目的なら

ノービザで入国でき、最大2回の延長で

最長90日まで滞在できます。

 

その際、更新手数料として50us$払います。

 

 

3ヶ月以内の移住を目的とするのであれば、

100us$程の費用と生活費を

用意しておけば十分です。

 

 

2.91日以上の滞在

 

a.就労ビザを取得する(有効期限2年間)。

 

 

実は、パラオ経済は日本やアメリカからの

経済援助に依存しているため、

観光以外の産業が乏しい国です。

 

現地人の多くは公務員で、

他はアメリカやグアムに働きに出ます。

 

 

日本人向けのホテルやツアーガイド、

レストラン、旅行会社などは、

日本人向け求人があり就職しやすいです。

 

 

経営者用の就労ビザを取得する。

 

現地で起業する場合、

事業パートナーをパラオ人にする必要が

あります。

 

また、従業員の2割以上は

パラオ人を雇用しなければなりません。

 

 

ビザを取得したとしても、

人口の少ないパラオで事業を拡大することは

簡単ではありません。

 

従業員の雇用を確保していくとなると、

ランニングコストの負担が大きくなります。

 

ある程度規模があり、

現地で継続的な需要のある事業以外は

避ける方が無難です。

 

 

配偶者ビザを取得する。

 

パラオ人と入籍する方法です。

 

期間に関係なく、離婚した時点で

有効期限が切れるので注意が必要です。

 

 

上記いずれのビザも

在日パラオ大使館では申請できません。

 

パラオにある入国管理局に

書類を提出して手続きをすすめる

必要があります。

 

時間の余裕をもって

ビザの取得手続きを進めましょう。

 

 

 

物価は?仕事はある?北欧は永住権とれるの?求人やパラオの子連れを調査!

 

繰り返しになりますが、

パラオには永住権が存在しません。

 

物価は高いため、移住して仕事を続けながら

2年ごとの就労ビザを更新する方法が、

現在ではベストです。

 

 

現地の求人情報を探す際は

 

「海外求人・海外求職総合サイト WORLD POST」

 

などを参考にしましょう。

 

 

コロナ禍が続く現在では、

観光業は壊滅的なダメージを受けているため、

多くの仕事はのぞめません。

 

就職先は根気よく探すことが大切です。

 

 

どうしても海外に移住したい場合は、

北欧など昔から移民文化があり、

比較的永住権がとりやすくなっています。

 

南国と北欧で環境は正反対になりますが、

子連れで移住を考えている人は

一度検討してみては。

 

 

 

まとめ。パラオ移住のデメリットについて

 

ここまでパラオ移住のデメリットから、

現地でビザを取得する方法について

ご紹介しました。

 

まずは3ヶ月程滞在して羽を伸ばしつつ、

現地情報をあつめるのもよいですね。

 

 

将来理想の移住が叶っていることを願います。

 

 

パラオ移住を検討していた白西。
自分と同じく、金髪美女に弱い男です(笑)。

 

 

最後に、

 

自分の可能性の限界にチャレンジしたいあなたへ。

 

コンサルを受けて

自分の中の無邪気な部分を愛せるようになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授