フィリピン夜のタガログ語!夜の会話をフィリピン語で!下ネタ、ギャグなど解説!

スポンサードリンク

 

フィリピンに行ったら、

夜のタガログ語をマスターして、

夜の街に繰り出して盛り上がりたいものです。

 

フィリピンの公用語・タガログ語の

挨拶から下ネタまで、

便利な言葉を紹介します。

 

 

 

フィリピン…夜のタガログ語!夜の会話をフィリピン語で!下ネタ、ギャグ、エロ、面白い言葉など解説します!

 

フィリピンでは、

英語が日常的に使われているので、

旅行する際、

 

英語ができればなんの問題もありませんが、

簡単なタガログ語(フィリピン語)を

覚えておくと、

 

現地の人との交流に役に立ちます。

 

 

特に、フィリピンの風俗で夜遊びする時、

夜のタガログ語を覚えておくと、

女の子とより親しくなることができます。

 

 

女の子と会って初っ端に、

タガログ語で

「マガンダン アラウ(意味:こんにちは)」と

 

挨拶したり、

なにかと「サラマッポ(意味:ありがとう)」と

言ってみると、

 

一気に彼女たちとの距離が縮まります。

また、口説き文句で、

 

かわいいをタガログ語で

言ってみるのもいいでしょう。

ちなみに、タガログ語のかわいいは、グワパ。

 

 

さらに、あらかじめ

面白いタガログ語の簡単なジョークやギャグを

調べておけば、

 

陽気で明るいフィリピンの

女の子たちとの会話を、

より一層楽しむことができます。

 

 

「エディ ワオ(マジで?)」や

「チャーロット ラン(うっそ〜!)」などは、

 

日本人が使うと絶対に

滑らないタガログ語の面白い言葉で、

 

なぜかフィリピン人の女の子たちが

大うけしてくれます。

 

 

実は、フィリピン人の女の子は、

エロい会話が大好きです。

 

タガログ語はGoogle翻訳で調べられるので、

例えば、「ぺぺ(まんこ)」や

「ティテ (ちんちん)」などの下ネタを、

 

ちょっと使ってみるだけで、

女の子たちが大爆笑してくれます。

 

また、夜の会話・ベッドタイムジョークも

あらかじめタガログ語で仕込んでおくと、

その夜は盛り上がること請け合いです。

 

 

タガログ語の下ネタは、

ぺぺやティテなど響きが可愛い単語が多いので、

日常でもつい口走ってしまいそうですが、

 

公衆の面前では間違っても

使わないように気をつけましょう。

 

 

また、タガログ語悪口や暴言、

「ガゴやガガ(バカ)」、

「ボボ(頭悪い)」、「バホ(臭い)」、

 

「ランディ(尻軽)」も、

意味を知らずに使うと危険な目にあうので、

あまり気軽に使わないようにしましょう。

 

 

 

マハルキタの返し方や意味を解説!フィリピン語でまんこ?フィリピン語下ネタ、フィリピン語悪口、タガログ語がかわいい?フィリピン人が喜ぶ言葉まで

 

フィリピン人と仲良くなるには、

まずフィリピン語の挨拶を覚えましょう。

 

 

フィリピン語の挨拶には、

「マガンダン アラウ(こんにちは)」や

「サラマッポ(ありがとう)」などがあります。

 

また、フィリピン語面白い言葉の

「エディ ワオ (マジで?)」や

「チャーロット ラン(うっそ〜!)」を、

 

ちょっと大袈裟に言ってみたりすると、

現地人が大うけして一気に距離が縮まります。

 

 

フィリピン語の恋人同士が

頻回に使っている「マハルキタ」の和訳は

「愛してる」です。

 

マハルキタ意味は「愛してる」ですが、

日本のフィリピンパブに行くと、

あっちこっちから「マハルキタ」、

 

「マハルキタ」と聞こえてきます。

マハルキタは発音が簡単で

覚えやすい言葉なので、

 

フィリピーナを口説こうと、

覚えたての「マハルキタ」を

使いまくっている日本人が結構いるのです。

 

 

マハルキタとは、従来、恋人同士の間で

使う愛の言葉です。

 

 

もし、フィリピン人の恋人から

「マハルキタ」と言われた時の

マハルキタの返し方は、

 

「マハルナ マハルキタ」で、

頭にマハルナ(すごく)をつければ

より自分の気持ちが伝わります。

 

 

「マハルキタ」は、

フィリピン人の好きな人に言うと

すごく喜ぶ言葉なので、是非覚えておきましょう。

 

 

フィリピン語にも、

もちろん悪い言葉やスラングがあります。

 

フィリピン語悪口には、

「ガゴ、もしくはガガ(バカ)」、

「バホ(臭い)」、

 

「ランディ(尻軽)」などがあります。

覚えやすい言葉なので

ついつい口走ってしまいがちですが、

 

親しくもない人には決して

軽々しく使わないようにしましょう。

 

 

フィリピン語下ネタも、

「ぺぺ(まんこ)」や「ティテ(ちんちん)」など、

 

なんだか響きが可愛い言葉が多いのですが、

日常で使うと恥ずかしい思いをします。

 

似たような日本語の下ネタ・ボボ(まんこの意味)。

日本語同様に、ぼぼも意味は

非常に悪いフィリピン語スラングなので、

 

使ってはいけません。

ちなみに、

フィリピン語のボボの意味は「低脳」です。

 

 

フィリピンの公用語は

タガログ語(フィリピン語)ですが、

もし、セブ島に留学する人は、

 

ビサヤ語を覚えておくと便利です。

公用語のタガログ語(フィリピン語)以外の、

ビサヤ語やセブアノ語などは、

 

Google翻訳にも出てこない現地語なので、

勉強したい人は現地にいくのが

一番手っ取り早い方法だと思います。

 

 

ビサヤ語はタガログ語とは

また違う言語なので複雑ですが、

 

なぜか悪口、スラング、下ネタは同じ言葉で、

そして何よりも響きがかわいいので

すぐに覚えられると思います。

 

 

最後に、フィリピン、インドネシア、

ミャンマー、タイなど東南アジアに

旅行に行く前に、挨拶だけでなく、

 

現地語の悪口やスラングも調べておくことを

お勧めします。危険から身を守るために大切です。

 

 

 

フィリピンの夜のタガログ語について

 

フィリピンには部族ごとに

100以上の言語があります。

 

公用語はタガログ語(いわゆるフィリピンご)と

英語ですが、

 

セブ島では未だビサヤ語や

セブアノ語が使われていたりして、

 

地域ごとに言語を変えなければなりません。

 

 

そんな複雑な国ですが、

悪口、スラング、下ネタに関しては共通言語で、

どこでも通用するのはなかなか面白いですね。

 

 

タガログ語が流暢な松坂。
自分と同じく、戦争映画とホラー映画が嫌いです(笑)。

 

 

最後に、

 

日本を元気にしたいあなたへ。

 

成功者から常にリラックスして

自然体でトレードできる秘訣を学んでみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る